多文化共生,安心・安全な社会構築をめざして教職大学院現職教員が大阪の学校改革を提言

 2月10日(土)に,国際協働プログラム成果発表会が開催され,大阪教育大学連合教職大学院に在学中の現職教員院生ら12名が,多文化共生社会,安心・安全な社会構築をめざした学校改革について,ドイツ・カナダ・イギリスの学校現場を分担して研究・視察した成果を大阪の現状を前提とした具体的な提言としてまとめ,発表を行いました。
提言の様子

 当日,各提言に対しては,来場の教育関係者によって,具体性,実現可能性,効果の側面から審査がなされ,大阪市立天王寺小学校の安田加弥教諭の提言に優秀賞が贈られました。また,文部科学省の原田大地大臣官房国際課国際協力企画室長より,これからの日本の教員が持つべき資質能力の高度化と関連づけて,本事業の意義についてご講評をいただきました。

 なお,本事業は,G7「倉敷宣言」(2016年5月)に基づき,教育分野におけるG7加盟国間の関係強化を図り,多様化する教育課題に対する教育実践の改善に資することを目的とした,文部科学省の委託事業「平成29年度 新時代の教育のための国際協働プログラム」の一環として行われました。

投稿者:   日時:14:19 | パーマリンク

平成29年度後期全体RMを行いました

 2月3日(土)10時から,実践課題研究に関する発表会として全体RM(リフレクション・ミーティング)を実施しました。本連合教職大学院の卒業生,各教育委員会関係者,実習先の先生をはじめ,外部からも多数の参加がありました。お忙しい中,本当にありがとうございました。

 発表会は,4つのグループに分かれて,午前はM1生が,午後はM2生がこれまでの研究の成果等を報告しました。M1生は,発表後の質疑応答にもしっかり回答をしていました。また,M2生については,教職大学院で学んだ集大成の報告会であり,そのプレゼン力も大変優れているという声もいただきました。これからも実践研究を続けてほしいと思いました。


M1生の発表の様子



M2生の発表の様子

 最後の全体会では,大阪市・堺市・大阪府の各教育委員会の代表の方から,院生に対して「現場での中心的な存在にぜひ,なってほしい」,「これからも理論と実践の往還をしてほしい」,「喫緊の課題である主体的・対話的で深い学びを教職大学院でされている」など激励の御言葉をいただきました。また,森田研究科主任からは「院生の活動を支えているチームの例として,文献で繋がった,あるいは,院生の成果をもとにこれから繋がる人たちとのコミュニティーとしてのチームにも入るよう努力してください」などの言葉がありました。

森田研究科主任/全体会の様子

 なお,コース優秀賞として,次の3名の方が主指導教員からの研究内容の報告後,森田研究科主任から賞状が贈られました。 (写真左から,学校マネジメント:前田良隆さん,教育実践コーディネート:赤嶺佳彦さん,教育実践力開発:伊藤善永さん)

投稿者:   日時:22:19 | パーマリンク