今年度最後の「エビデンスベースの学校改革」研修を実施しました。

 2月13日(水),天王寺キャンパスで今年度最後の「エビデンスベースの学校改革」研修が行われました。

 この研修は,独立行政法人教職員支援機構より受託事業の助成を受け,大阪市教育委員会と連携して実施しており,大阪市の小学校・中学校から17名の先生が受講しています。受講生は1年間をかけて,エビデンスについての知識,データの活用方法を学び,それぞれの学校で学校改革に取り組んできました。

 最終回である今回は,「持続性のある学校改革を実現するには? ―10年後まで続く取り組みにするために―」をテーマに,今までの研修を振り返りつつ,これまで行ってきた取り組みをさらに向上・持続させる方法を考えました。

 また,本研修の内容と関連して,教員の授業力向上をテーマに2年間の実践研究を行ってきた,教育実践コーディネートコースM2生の現職教員院生に,自身の取り組みについて発表いただきました。

 研修を受講した学校の先生方は,「ここで着いた火を絶やさずに,来年度以降も研修で学んだ取り組みを続け,発展させていきたい」と感想を述べていました。

投稿者:   日時:16:50 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。