【職員ブログ】授業の中で指導主事の方にお話を伺いました。

 みなさんこんにちは。教職大学院担当事務のAです。今回は,教職大学院の授業に,堺市教育センターの指導主事の方にご協力いただけるとのことなので,見学に行ってまいりました。

 授業科目は,スクールリーダーシップコース教育委員会指導主事プログラム科目の「学校に対するコンサルテーション」です。これまでのブログでも紹介していますが,今年度から堺市教育委員会と連携し,堺市教育センターと天王寺キャンパスを接続し遠隔講義として実施している科目です。

 お話ししてくださる指導主事の方は,福岡さんです。この方,実は,2019年4月に自主的に教職大学院に入学なさった,現在M2生で,この授業科目を昨年度にすでに履修されています。ちなみに,教職大学院には学校の先生だけでなく,複数名の指導主事の方が在籍しています。

福岡さん

福岡さんのご紹介

 福岡さんには堺市教育センターの講義室にお越しいただき,その様子を遠隔講義として天王寺キャンパスへ配信していました。職場=センターの講義室なので,移動する必要が無くて便利ですね。授業の中ではご自身の指導主事としての経験や学校への関わり方についてお話しいただきました。堺のセンターでも天王寺キャンパスでも,講義の受講生たちはそれを聞き,校内研修の支援のあり方,その工夫に関して活発に意見交換を行っていました。

発表の様子

発表の様子(天王寺キャンパス)

堺市側の様子

発表の様子(堺市教育センター)

 最後に,本授業にご協力いただいた福岡さんに,今回の感想をお聞きしました。
 「堺と天王寺をつなぐ遠隔の講義に初めて参加させていただきました。天王寺で受講されている方の様子をスクリーンで見ることができ,一体感を感じることができました。昨年度,この講義で学んだことを実践し,振り返ることができる機会となりました。ありがとうございました。」

 今後も引き続き,教職大学院の活動を紹介してまいります。

投稿者:   日時:21:31 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。