第3回全体RMを行いました

 2月3日(日)午前9時40分から,全体RMを実施しました。本連合教職大学院の修了生,各教育委員会関係者の皆様,実習先の先生方をはじめ,外部からも多数の参加がありました。お忙しい中,本当にありがとうございました。

 さて,全体RMでは,院生を4つのグループに分け,午前(9:40~12:30)はM1生が,午後(13:30~16:30)はM2生が,これまでに取り組んだ実践課題研究の成果を報告しました。


M1生の発表の様子


M2生の発表の様子

 16:40からの全体会では,堺市・大阪市・大阪府の各教育委員会の代表の方から,「主体的に向き合い,対話したくなる,もっと深く学びたくなる。その内容についての発表があり,大変興味深くうかがった」,「子どもたちに対して,研究がワクワク感を深めるものになっているか。研究を通して子どもたちにどんな力をはぐくむのか。どの子をイメージして研究を深めるのか。という3つの視点で発表を聴かせてもらった」,「今の学校現場のニーズに合った内容の研究発表があり,ありがたいと感じた」などの御言葉をいただきました。

 また,3つのコース長からは,M2生の実践課題研究に対する総括とそれぞれのコースにおける優秀者の発表がありました。最後に,木原研究科主任からは「今日は教育実践の課題と解決に関する語りの舞台になった。これも実習校等の先生方の協力の賜物です」「M1生においては概念規定の甘さがしばしば指摘されていた」「M2生に対しては,PDCAサイクルによって実践研究を発展させた。根拠をもって主張していた」などの言葉がありました。

 なお,本年度のコース優秀賞の3名の方には賞状を贈りました。 (写真左から,学校マネジメント:中田恵理子さん,教育実践コーディネート:安田加弥さん,教育実践力開発:平尾留惟さん)

 修了生の皆さんは,これからの社会を担う子どもたちを育てる教育現場において,日々過ごされると思います。これからも自ら「学び続ける教員」として,ご活躍をされることを祈念しています。

投稿者:   日時:16:58 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。