富谷市教育委員会教育長をお招きし,富谷市特別プログラム報告会を実施

 11月29日(金)19~20時半,天王寺キャンパス西館ホールにおいて,「令和元年度富谷市特別プログラム報告会」を実施しました。

 本学連合教職大学院では,平成28年度から今年度まで,学校実習のうちM2生が取り組む発展課題実習において,特別プログラムを実施していきました。特別プログラムとは,子どもの教育に関わる多様な現場体験を通じて,院生が教育実践の見方や考え方を広げることを狙いとしたプログラムです。いくつかの実習先がある中で,富谷市教育委員会にもご協力を頂き,教員・院生が毎年実習を実施してまいりました。そして今回,宮城県富谷市教育委員会の菅原義一教育長をお招きしての報告会の実施が実現しました。

 まずは,特別プログラムに参加した院生からの成果報告を行いました。今年度の特別プログラムは,本学連合教職大学院の院生に加えて,大阪市教員養成協働研究講座における「他地域学校プログラム・宮城県富谷市」としても実施し,大阪市の教員の方もご参加いただき,この報告会も合同で実施いたしました。

 その後,宮城県富谷市教育委員会の菅原義一教育長から「教えることは学ぶこと~学ぶことは変わること~」というテーマでご講演いただきました。

 発表した院生からは「防災教育を通して「普段の備えは教育にある」ことを教えて頂き,自己改革となる実習でした。」という感想をいただきました。

投稿者:   日時:17:21 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。