「エビデンスベースの学校改革」研修プログラム(最終回)を実施

 2月6日(木),大阪教育大学天王寺キャンパスにおいて,「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムの今年度最終回が実施されました。

※「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムとは…
 2018年度に独立行政法人教職員支援機構より受託事業の助成を受けて開始されたもので,本学連合教職大学院と大阪市教育委員会が連携して実施。2018年度の成果をさらに向上・持続的なものとするべく,2018年度の研修参加校を引き続き主な対象としながら,より高度な研修を開発・実施することを目的とする。2019年度は大阪市内の小・中学校7校の教員が受講。

 最終回の今回は,『「新しい取り組み」から「学校文化」にしていくために』をテーマに,データに基づいた今年度の振り返りをしつつ,来年度に向けた計画作成と今後の方向性を受講生同士で考えました。

 来年度からは,この研修プログラムをベースにして,教職大学院スクールリーダーシップコースのコース共通科目の1つとして,正規科目化されます。大阪市の研修として参加される現職教員の方々とさまざまな地域から来る現職院生がともに学ぶ場となり,それぞれの学校園の課題にあった取り組みをより多面的な視点で捉える機会になることも期待されます。

投稿者:   日時:21:03 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。