第1回実践研究フォーラムを開催しました

 8月19日(土)午後2時から,第1回実践研究フォーラムを開催しました。本フォーラムは,『修了生が学校あるいは行政の現場で優れた実践者であるとともに研究を続けること,修了生と在学生等の親睦を深めること,修了生に実践的な研究成果を発表,交流する機会を設け,修了後の研究活動を支援すること』を目的に教員組織の一つである教務委員会が企画を担当し,本年度初めて開催しました。

 まず,全体会では森田研究科主任の味のある挨拶,そして「『チームとしての学校』から考える事」をテーマに深野特任教授からチームとしての学校における教員に期待される役割などについて問題提起がありました。

 次に,ラウンドテーブルでは,修了生,現役の院生,教員を織り交ぜたグループごとに分かれ,修了生が報告者となって自らの実践を語り,参加者は報告者に寄り添って傾聴し,一緒になって修了生の実践の省察を行いました。

 最後に,3つのグループからラウンドテーブルの内容を報告してもらうとともに,木原専攻主任が今日のフォーラムの内容を素早くまとめたパワーポイントの資料をもとに講評を行いました。教職大学院を修了して,学校をはじめとする教育現場で活躍する修了生の姿が輝いていました。これからも,”探究する事”,そして,”自ら学び続けること”を忘れないでほしいと感じました。

投稿者:   日時:18:00 | パーマリンク