第2回NITS大賞で,寺嶋准教授が審査員特別賞を受賞

 この度,独立行政法人教職員支援機構(NITS・ニッツ)が実施する事業「第2回NITS大賞」において,本教職大学院の寺嶋 浩介准教授が審査員特別賞を受賞いたしました。

 NITS大賞とは,独立行政法人教職員支援機構(NITS・ニッツ)が、学校をとりまく課題の解決に取り組んだ実践例を広く募集し、表彰・公開することにより、優れた実践例を普及していく事業です。
(引用:独立行政法人教職員支援機構(NITS・ニッツ)HPより)
 今回は,全国各地の学校や教育センターで実践された様々な活動について4部門86件のエントリーがあり,その中から優秀賞・審査員特別賞が選ばれます。今回,寺嶋准教授の活動は「先導的プログラム実践部門」において唯一の受賞となりました。

 2月2日(土)には,東京・丸の内のフクラシア丸の内オアゾ「Hall A」で活動発表会・表彰式が行われ,寺嶋准教授は「ICT推進リーダーの養成 教職大学院と教育センターとの連携」という実践取組について発表されました。

 この取組は,本学教職大学院と大阪市教育センターが連携して,開発・実施した「学校教育ICT推進リーダー」養成プログラムに関するもので,双方が持つ研修資源(学問的・実践的・人的資源等)を組み合わせたプログラムです。教育情報化の推進に関する勤務校内外の取り組みを進展させる資質・能力を身につけることを目的とし,教員研修・教職大学院での講義・オンライン研修等を組み合わせた内容となっています。


審査員特別賞の表彰を受ける寺嶋准教授

 表彰式の最後には,審査員の方々から発表全体に対する講評があり,前向きな取組が全国各地で実施されていることに感銘を受けた,いずれの取組も自校だけでなく地域・全国へ広げていってほしい,と評価されていました。


独立行政法人教職員支援機構高岡理事長と優秀賞・審査員特別賞を受賞された皆さま

投稿者:   日時:14:11 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。