「学校教育ICT推進リーダー」養成プログラム研修の3年目がスタートしました

 6月20日(水),大阪市教育センターにおいて,「学校教育ICT推進リーダー」養成プログラム研修の第1回が開催され,大阪市の公立学校教員17名が参加しました。

 本事業は,連合教職大学院と大阪市教育センターの研修資源(学問的・実践的・人的資源等)を組み合わせて,教員が<教育情報化の推進に関する勤務校内外の取り組みを進展させる資質・能力>を身につけることを目的として実施され,今年で3年目になります。

 第1回となる今回は,受講生が自身のICT活用指導力のチェックを行ったり,教育の情報化の歴史や基本的な概念を学びました。また,本研修で利用する,WEB上での課題提出や質疑応答が可能となる教育・学習活動支援システムである「大阪教育大学Moodle2019forClass」の利用説明が行われました。
研修の様子

 また,研修の最後には,2年前に本研修プログラムを修了した学校教育ICT推進リーダーが会場を訪れ,研修を進める上での心構えや,学校教育ICT推進リーダーとしての現在の活動などを話してくださいました。
修了者の話①
修了者の話②

 今後は,約半年をかけて,模擬研修や発表,自校での校内研修などを行いながら<教育情報化の推進に関する勤務校内外の取り組みを進展させる資質・能力>を身につけていきます。

投稿者:   日時:21:45 | パーマリンク