学校実習に向けて,心構えを学びました!!!

 4月22日(土)午後1時05分から教育実践力開発コースのM1生に対して,先週に続いて,コースRMを行いました。はじめに,岡博昭実習部会長から『学校現場に入る際の心構』というテーマで約1時間程度の講義がありました。内容は,まず,学部時代に免許取得のために取り組んだ『教育実習』と,この教職大学院で取り組んでいる『学校実習』との違いは何かについてです。その後,6月から始まる予定の基本学校実習Ⅰでは次の2点について取り組んでほしいとの話がありました。1点目は”実習校を知る”ことです。その観点として児童生徒をどのように観るのか,多忙な教員の仕事をどう観てくるのか,教員が授業をどのようにされているのか,生徒との信頼関係はどのように築いているのか,などを上げられました。2点目は,院生自身の研究テーマに関連した実習校での取り組みを観て来てほしいとの事でした。

 5分間の休憩をはさんで,寺嶋浩介コース長から学校実習に行くに当たっての事務的な手続きの連絡があった後,院の教員が学校実習を主として担当する院生と今後の進め方等について打合せを行い,今日の講義は終了しました。

 すでに,教員免許を取得している院生にとって,「学校現場でどのように観られるのか」という不安を抱えているかもしれませんが,いわゆる教師としての立場から学校現場の状態を観察する事により,現場の課題(研究テーマ)を少しでも解決できる方策を研究してほしいと願っています。

投稿者:   日時:15:57 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。