第4回関西指導主事フォーラムを開催!!

 平成30年10月20日(土)13時から,大阪教育大学天王寺キャンパスにおいて,第4回関西指導主事フォーラムを開催しました。大変お忙しい中,参加していただきました皆様方には,心からお礼を申し上げます。
 さて,第1部は森田英嗣理事の挨拶で始まりました。その後,兵庫教育大学理事・副学長の米田豊先生に「これからの指導主事への期待-学校,先生への共感から分析へ-」というテーマで講演をしていただきました。参加者からは「指導助言のあり方や研究授業の意義等大変勉強になりました」「子どもを真ん中において進めるテイクという指導主事の方針。その通りと思いました」などの声をいただきました。
森田理事の挨拶

米田豊兵庫教育大学理事・副学長

 第2部では,3つの分科会に分かれました。それぞれ次のようなテーマに従って話題提供がありました。
 第1分科会では,「大阪府・大阪市・堺市の教員としての資質の向上に関する指標について」と題して,連合教職大学院の教育実践コーディネートコースの院生代表3名が科目「行政研修の企画・運営」という講義の学びの一環として,調査した指標の特徴等を挙げて説明しました。
第1分科会の様子

第1分科会の様子

 第2分科会では,「大阪府の先生の力も引き出す教育センターの取組みについて」と題して,大阪府教育センターの主任指導主事である戸出克彦様から「大阪府教員等研修計画」をもとに,学び続ける教員について話題提供をしていただきました。
第2分科会の様子

第2分科会の様子

 第3分科会では,「学校・先生の力を引き出す教育政策について」と題して,大阪府吹田市教育員会の主幹・指導主事である山口亮一様から吹田市における学校・先生の力を引き出すために,教育行政からのアプローチや教育施策について,話題提供をしていただきました。
第3分科会の様子

第3分科会の様子

 参加者からは「他市の取組を聞くことができて,参考になった」「自治体の垣根を越えて話ができるので面白かった」などの声をいただきました。
 フォーラム終了後のアンケートからは「指導主事として何をしていかなければならないか改めて考えるよいきっかけとなり,よい刺激となりました」「他市の指導主事の方と交流することができ,大変よい機会になりました」などの声をいただきました。
 大変お忙しい中,講演や話題提供をしていただいた講師の皆様方,本当にありがとうございました。
 また,フォーラムに参加していただきました皆様方には,本フォーラムにおいて主体的に学ばれたことがネットワークの構築に繋がるとともに,参加者自身の資質向上に役立ち,学校や先生の「ええとこ」を伸ばすための教育施策に,少しでも役立つことを願っています。本当にありがとうございました。

投稿者:   日時:17:08 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。