「エビデンスベースの学校改革」研修プログラム(第2回)を実施

 7月25日(木),大阪教育大学天王寺キャンパスにおいて今年度の「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムの第2回が実施されました。

※「エビデンスベースの学校改革」研修プログラムとは…
 2018年度に独立行政法人教職員支援機構より受託事業の助成を受けて開始されたもので,大阪市教育委員会と連携して実施。2018年度の成果をさらに向上・持続的なものとするべく,2018年度の研修参加校を引き続き主な対象としながら,より高度な研修を開発・実施することを目的とする。2019年度は大阪市内の小・中学校から24名の教員が受講。

 第2回となる今回の研修では,『校内の意思決定にデータを活用する―問題解決型の会議とは―』というテーマで実施しました。学校ごとに1学期に取り組めたことを振り返り,実際のデータを見ながら,2学期以降の進め方について考える演習を行いました。今年度の研修目的の1つである「データを活用したPDCAサイクルの確立」のための,C(check)・A(action)にあたります。
 また,8月21日(水)に実施する公開研修会の準備を学校ごとに分かれて行いました。

 「エビデンスベースの学校改革」に関する公開研修会は,8月21日(水)に大阪教育大学の天王寺キャンパスにおいて実施します。すでに多くの方からのお申込みをいただいており,受講生も当日に向けて準備を進めてまいります。

投稿者:   日時:22:21 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。