「エビデンスベースの学校改革」の実践報告会を実施

 「エビデンスベースの学校改革」の授業・研修プログラムでは,令和2年11月25日(水)の午後,大阪市立巽東小学校において,令和2年4月からの取り組みの報告会が開催されました。

 コロナ禍の折,学校を訪問しての実施はできませんでしたが,ZOOMを活用することで,巽東小学校と本学天王寺キャンパスとを双方向で接続し,報告会を実施しました。

 まずは,5・6年生の授業の様子を小学校に持ち込んだカメラで撮影し,リアルタイムで天王寺キャンパスへ繋ぐことで,授業参観を行いました。
授業参観の様子

 その後,巽東小学校の教員が取り組みの報告を行い,受講生が質問や考えを述べる双方向での意見交流を行い,教職員の悩み,葛藤,喜び等に触れました。受講している教職大学院生も,自身の研究課題と照らし合わせながら学修を積むことができ,有意義な時間を共有しました。
意見交換の様子

 今回の実践報告会は,コロナ禍における学び方の工夫の一例となり,学校でもできることを探るヒントとなりました。

 また,当日に参加することができなかった受講生に対しては,11月28日(土)に補講を実施し,ZOOMで記録した映像をもとに意見交換等を行い,学びを深めました。
補講の様子

投稿者:   日時:22:31 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。