オンライン授業に元・教育センター長がゲストティーチャーとして登場

 現在,大阪教育大学では,一部の科目を除いた各授業科目について「インターネットを活用した授業」で実施しており,連合教職大学院においてもインターネットを活用した授業が行われており,様々な工夫が盛り込まれています。

 今回は,スクールリーダーシップコース共通科目の「スクールリーダーシップの理論と実践(担当:田村教授)」での活動をご紹介します。
田村教授

 この授業は,現在はZoomを用いたオンライン授業を実施しており,6月16日,23日の2回に渡り,元・大阪府教育センター長である山﨑政範教育委員会・学校連携コーディネーターにゲストティーチャーとして登場していただきました。

 山﨑先生には,16日の授業の中で,大阪府教育委員会教職員企画課の参事として評価・育成システムの制度管理・運用に携わり,管理職への評価育成研修を担当した経験を活かし,教職員の評価・育成システムについてご講義いただきました。
山﨑先生

 翌週23日の授業では,Zoomの機能を使い,グループワークを実施しました。学校種ごとにあらかじめ設定された演習事例に基づき,学校長として教員を評価するロールプレイを行い,院生同士が評価する側,される側の役割を演じる中で,評価の難しさを体験しました。

 院生からは,「山﨑先生の「評価は手段,目的は育成」という言葉が印象に残った」「評価のために,日常における教員間のコミュニケーションを大事にしなければならないと思った」といった感想が寄せられました。山﨑先生からは,「Zoomを用いた授業は対面に比べて空気感がなく,いつも不安になるが,院生が提出する振り返りシートを見ると,しっかりと理解されているようで嬉しく思います」とのお言葉をいただきました。

 連合教職大学院では,これからも各教員が工夫を凝らし,様々な形態の授業を展開していきます。

投稿者:   日時:13:39 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。