「ニュージーランドの多文化共生教育に学ぶ」プログラム報告会を開催

 令和3年2月20日(土)の午後,大阪国際交流センターにおいて,「ニュージーランドの多文化共生教育に学ぶ」プログラム報告会を開催いたしました。

 このプログラムは,文部科学省の「令和2年度新時代の教育のための国際協働プログラム(教員交流)」の採択を受けて実施したプログラムで,連合教職大学院の現職教員院生が,ニュージーランドを訪れ,現地の学校と交流する予定でしたが,コロナ禍により渡航が困難になりました。しかし,ビデオ会議システム等を通じた海外の学校・専門家や他大学の研究者・院生との交流を重ね,各自がそこで得た教育実践の知見を整理し,地域の特性や自らの経験と融合し発展させ所属する学校等の多文化共生教育に関する改革案にまとめることができ,その成果報告の場として,今回の報告会を開催いたしました。

 報告会は,新型コロナウイルス感染防止のため,会場にはプログラム参加者等の限られた人数のみの参加とし,事前に申し込みいただいた学内外の皆様には,会場の様子を,ビデオ会議システム(ZOOM)を利用することで,配信・交流を行いました。

 報告会では,プログラム担当教員によるオリエンテーションの後,2会場に分かれてプログラム参加者による学校改革案の報告を行いました。質疑応答の場面では,会場内にいるプログラム参加者だけでなく,ZOOMで参加されている方からも多くの意見・質問があり,会場という枠を超え,活発な意見交換の場となりました。
報告の様子

ZOOMでの質疑応答

 また,各報告の後には再び1つの会場に集まり,実施に当たっての連携機関としてプログラムにご参加いただいた,大阪府・大阪市・堺市の指導主事の先生方にも,本プログラムでの取り組みについて,コメントをいただきました。
指導主事のコメント

 最後に,プログラム担当教員,参加者,各教育委員会指導主事の先生方,ZOOMでご参加いただいた方々を交えて,振り返りと総括的な意見交換を行い,報告会は成功裏に幕を閉じました。多くの皆様にご参加いただき,ありがとうございました。

 なお,3月27日(土)には,本学を含む,今年度の文部科学省「令和2年度新時代のための国際協働プログラム」に採択された3機関による合同成果報告会を開催いたします。報告会は,ビデオ会議システム(ZOOM)を利用して配信いたしますので,皆様どうぞ奮ってご参加ください。
 報告会の詳細・申込等については,以下の連合教職大学院ホームページをご確認ください。

【連合教職大学院HP・文部科学省「令和2年度新時代のための国際協働プログラム」合同成果報告会】
※申し込み期限:3月26日(金)13時

投稿者:   日時:20:16 | パーマリンク