大阪市教育センターが実施する校園長研修を本学教職大学院の教員が担当

 令和元年10月15日(火),本学天王寺キャンパス西館において,大阪市教育センターが実施する校園長研修が開始されました。

 当研修は,大阪市が策定している資質の向上に関する指標,いわゆる育成指標に対応させて計画が組まれます。また,令和元年度より,校園長研修の中で,各校園長が自身で選択して受講することができる選択研修が取り入れられ,その選択研修を10月~11月の2ヶ月にわたって本学教職大学院の教員が担当します。
 選択研修の初日となるこの日は,本学教職大学院の柏木賀津子教授が「情報収集」というテーマで,21世紀型スキル育成に向かうフィンランド・オーストリア等の授業映像(言葉を育て思考を深めるクロスカリキュラム・自分と身近な社会を結ぶ力),PISA・TALIS・TIMSSデータ解釈,海外の校長研修,日本の新しい学力テスト傾向・その分析を扱い議論し,自校の中心点に関連付けていきました。

投稿者:   日時:14:31 | パーマリンク

コメントは受け付けていません。